<< 「広報とよた」に「たんころりんの会」の記事 | main | 中日新聞(6/14)にたんころりんの記事 >>

朝日新聞(06/10)に「たんころりん」の記事

6月10日の朝日新聞朝刊に「たんころりん」の記事が掲載されました。

asahi.comの下記ページでも見ることができます。

▼夕暮れ包む「たんころ」(asahi.com)
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000120706110002

現在、「たんころりんの会」で毎晩行っている「たんころりんづくり」の活動の写真が掲載されています。

また、たんころりんの会副会長の長橋透さん(とうるさん)と、たんころりんポスターや案内状を担当されている、たんころりんの会アートディレクターの丸根敬一さん(けーさん)の談話が紹介されています。

以下、お二人の談話を中心に記事の一部を引用させていただきます。


【街】
夕暮れ包む「たんころ」
2007年06月10日

【足助の街道 手作りあんどん600基】
●若手経営者ら にぎわい回復期待

電灯を落とした家々の前に、あんどんのような柔らかい明かりがずらりと並ぶ。

竹と和紙で作った「たんころ」と呼ばれる照明具を町中に置き、「豊かな暗さ」を味わおうというイベント「たんころりん」が、今年も、豊田市足助町の古い町並みを舞台に始まる。
     :
夕暮れ時。この街道沿いで、和菓子屋を営む長橋透さん(45)の店の駐車場に、続々と人が集まってきた。「足助たんころりんの会」のメンバーだ。茶房経営者や足助観光協会の職員が、手作業で竹ひごをかご状に編み、たんころに仕上げていく。
     :
「町には飲食店も少なく、夕暮れには人通りが無くなる。通りのあちこちで、町内の人たちが楽しく会話を交わす、温かい町にしたかった」と、長橋さんは振り返る。5年前、長橋さんら、若手経営者らが考えたのが、日が暮れた後に人々を屋外に誘いだす、「明かりづくり」だった。
     :
「でも」と、老舗(しにせ)旅館を切り盛りする丸根敬一さん(40)は言う。「努力するにせよ、町の人が楽しめるものじゃないと長続きしない。たんころには、自分で作れる手軽さがある。身の丈に合った取り組みだった」
     :

コメント
おーつ
  • たまだや
  • 2007/06/12 9:58 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
今回は働いとる
馬路村に行ってる間に、朝日新聞にものったがや。 某氏が各メディアにFAX送りまくった成果といいますか・・・ たんころりんNews! http://m.tankororin.com/ 思いつくまま-足助から- http://asuke.air-nifty.com/blog/2007/06/post_ab8b.html mytown.asahi.com
  • ブラジレイロな生活?
  • 2007/06/12 10:16 AM
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode